看護のお仕事は歳を重ねても大丈夫

口コミでもよく見かけますが結婚をして育児の期間を得るために休職や退職をする女性の方はとても多いですが、看護のお仕事の場合はそのまま退職しても就職先が沢山あるため再就職が容易です。更に病院でもご年配の看護師の方をよく見かけるように、お年を召された方でも仕事をすることが出来という利点もあります。


○若さよりも経験を活かせる仕事○

体力が大切ということもあって男性や若い女性にも需要がある看護のお仕事ですが、長年の経験をもっとも活かすことが出来る職種でもあるためご高齢の方の需要が高いという特徴も備えています。
様々な医療器具を使っての医療行為は学校でも現場でも教えられますが、実際に何度も繰り返し使用しなければ身体に覚えさせることは出来ません。それに私の個人的な意見ですが、注射の際に相手の看護師の方がそれなりのお年の方が安心したりします。患者の方に安心感を与えるというもの看護師の大事な役割なので、その点では高齢の方の方が若者より一歩上手なのです。


○看護のお仕事で第二の人生を○

育児が終わって夫婦二人の時間となり、結婚前に従事していた医療の現場にまた戻るという方も沢山いらっしゃいます。先ほど申し上げた通り、看護は経験をとても活かすことが出来る仕事なので、再就職する際にも病院などとても有利にことが運びます。
「もう感覚を忘れてしまったかた無理」や「私には戻れない」と考える前に、もう一度求人を見て再就職の道を考えてみてください。第二の人生に看護を選べるよう、まずは自分で自分を導いていきましょう。

入院体験談と看護のお仕事について

私は小さい頃入院していたことがあり、小児病棟で泣いて過ごしたことがあります。その際にとても仲良くしてくれた看護師の方が今でもとても印象的で、私が今元気でいられるのは家族とその看護師の方のおかげだと考えています。

看護のお仕事で一番大切なのは患者の方一人一人の気持ちを考えて、医師の治療をより効果的に発揮するためにメンタルケアをするという部分です。先ほどのような体験談は口コミサイトでもよく見かけますが、今回は私が体験し考えた看護のお仕事についてご紹介致します。


○寂しい時間を埋めてくれた母代りの看護師○

私は5歳の時に心臓病を患い、泣いている母の横でわけもわからずベッドに乗せられそのまま入院をさせられました。当時は怖いというよりは「不思議な場所に連れていかれている」という気持ちの方が大きく、知らない子と三人の共同部屋で私は一ヶ月程過ごしました。
突然家族と離ればなれになりましたしやることも特になく時間を持て余していた際に、自分の休憩時間を返上して折り紙を折りに来てくれた看護師さんがいました。
その人はまだ若く、多分20代半ばか後半くらいの女性でした。
その人と一緒に毎日一つずつパーツを折り、大きな一輪の花を完成させたのがとても記憶に残っています。入院生活が一週間を過ぎて寂しくなった私を慰めてくれたのも、その看護師の方でした。


○心に響く看護のお仕事○

私は医療の仕事に携わっていませんが、物を伝える仕事をしているため、このように体験して心に残ったことを人に知ってもらえるようにしていきたいと考えています。看護のお仕事を選び寂しい気持ちに支配されていた私を救ってくれた看護師の方がいたことは、私の人生の中に大きく宿る光そのものです。
看護の仕事は辛い部分もありますが、今この瞬間にも私のように看護師の方に心を看護してもらっている方も沢山います。お金のわりに辛いと言われている看護のお仕事ですが、それ以上に大切なものを人に与え、自分にも大きな成長をもたらしてくれる仕事なのです。

口コミでもよく看護師の方への感謝の言葉を目にします。その経験を活かして看護のお仕事を選ぶという方も少なくありません。これから看護師になろうと考えている方も、今看護師になろうか悩んでいる方も、看護師という存在のおかげでどれだけの人が救われているかをしっかり見てみてください。今看護のお仕事をしているという方も今の仕事に不満を感じていたら、初心を思い返すように今一度人の声に耳を傾けてみましょう。

看護のお仕事は給料が高い

お仕事の種類によって年収は様々ですが、やはり医療系は仕事の内容もシビアであるためお給料も高めです。口コミでは医師の方は平均年収が1,400万円程とあって、イチ会社員の人間としてはとんでもなく高給取りのイメージを持ってしまいます。
しかし医療はその金額に比例して仕事内容もとても辛く、看護のお仕事も医師の次に大変だと言われています。今回はそんな看護のお仕事について給料の視点からお話致します。


○看護のお仕事は資格手当がとても強い○

就活をする際に強みになるのが資格です。その資格を見るだけでその人がどんな能力を内に秘めているかわかります。医師の資格は四年生の大学を卒業しなければ受験資格を得ることが出来ません。看護の資格はそれに比べれば若干緩やかですが、それでも専門学校に通学してから国家試験を受けるという流れになり、勉強時間を捻出しなければ取得することは困難です。
このような難しい資格だからこそ取得後の待遇はとても良く、お給料も高くなるという図式が生まれます。


○給料にそぐわない医療現場もある○

しかし大きな病院ではその図式が完成しても、地方の小さい病院ではその図式に崩れが生じます。お給料が高くてもその仕事の内容が辛すぎて割に合わないという状況です。小さな市町村では医師が不足しているため、一人の医師が看護のお仕事も兼ねてその町の人々全員を治療しなければならないという状況になっています。
そのような状況で治療をするとなると休みはなく、ほぼ24時間365日フル稼働で働くことになります。たとえお給料が高くてもそんな状態では割に合わないという訳です。

医療のお仕事はお給料が高いですが、その分難しくかつ責任のある仕事です。これから医療関係の仕事を目指すという方は給料の面だけ考えず、その仕事の内容を重要視しましょう。

看護のお仕事と介護のお仕事

医療系のお仕事の中で似ているものといえば看護のお仕事と介護のお仕事です。この二つは医療の仕事ですがとても似ているようで実はかなり別のお仕事なのです。
今回はそんな介護と看護の違いについてご紹介致します。


○医師のサポートは看護のお仕事○

よくある質問サイトや口コミサイトでも書き込まれている程、この二つは違いがあまり認知されていません。正直普段関わらない生活をしていれば区別をしなくても特に問題ないため、勉強をしている方やその業界で仕事をしている方でないとわからないものなのです。
実際に看護のお仕事と介護のお仕事は「医師のサポートをすることが出来、注射や薬の用意をすることが出来るか」という違いしかありません。しかしここがとても明確かつ大きな違いなのです。


○福祉施設には両方とも存在している○

福祉施設ではご入居者の方々が飲むお薬を毎日用意していますし、もり食事が喉に詰まることがあった場合には吸引をする場合もあります。その際、介護の仕事では準備した薬をそのままご入居者の方に渡すことは出来ますが、その薬を根本的に調合したり準備をしたりすることは出来ません。さらに吸引機を使用することも出来ません。介護は看護と違い「医療行為」を禁止されているからです。そのため福祉施設には必ず看護のお仕事が出来る看護師を配置しています。緊急の医療行為は看護師しか出来ないからです。

看護と介護の違いは医療行為が出来るかどうか、とはいえ診察をすることが出来るのは医師免許を持つ方だけなので、看護も介護もそのサポート役と言えます。しかし患者さんにとっては一番身近にいてくれて生活をサポートしてくれるのが看護師であり介護士です。患者さんが一日も早く元気になれるように、ご入居者の方々が安心出来る生活をおくれるように、介護も看護もとても大切でとても必要なお仕事なのです。

看護のお仕事は体力命

仕事の種類にもよりますが医療関係の仕事はとても大変です。その職場や勤務体系によって変わりますが基本的には夜勤は当たり前のようにありますし、その間にも急患が出た際には仮眠も返上して対応しなければなりません。

今回はそんな医療の現場でも勤務体系に波がある看護のお仕事についてご紹介致します。


○看護のお仕事は体力勝負○

口コミにもよくありますが、看護のお仕事はとにかく身体を使って作業をすることがほとんどです。医師のサポートとしてカルテを持って走り回るイメージがありますが、看護のお仕事はそれだけではありません。病院には体調不良の患者さんが沢山いらっしゃいます。そういった方の誘導や医師の診察に必要なものを準備するなどとても多種多様な仕事が待ち構えています。
ただカルテを整理すれば良いという訳ではなく、臨機応変に機転をきかせて動き回らなければならないのです。


○自分よりも重い患者さんの対応もある○

入院患者の方の中には自分の体重より重い患者さんもいらっしゃいます。そのような場合でも一人で対応しなければならないこともあり、入院ベッドから診察台への移動や車椅子への移動など、自発的に出来ない患者さんの場合には全て看護士がサポートします。このように看護の仕事は知力の他に体力も必要なのです。

病院にいて笑顔で会話をしてくれる看護士の方がいると、体調が少しばかり良くなったような感覚になります。知識と体力も大切ですが、一番大事なのはその患者さんを癒す心からの笑顔なのかもしれません。