看護のお仕事は歳を重ねても大丈夫

口コミでもよく見かけますが結婚をして育児の期間を得るために休職や退職をする女性の方はとても多いですが、看護のお仕事の場合はそのまま退職しても就職先が沢山あるため再就職が容易です。更に病院でもご年配の看護師の方をよく見かけるように、お年を召された方でも仕事をすることが出来という利点もあります。


○若さよりも経験を活かせる仕事○

体力が大切ということもあって男性や若い女性にも需要がある看護のお仕事ですが、長年の経験をもっとも活かすことが出来る職種でもあるためご高齢の方の需要が高いという特徴も備えています。
様々な医療器具を使っての医療行為は学校でも現場でも教えられますが、実際に何度も繰り返し使用しなければ身体に覚えさせることは出来ません。それに私の個人的な意見ですが、注射の際に相手の看護師の方がそれなりのお年の方が安心したりします。患者の方に安心感を与えるというもの看護師の大事な役割なので、その点では高齢の方の方が若者より一歩上手なのです。


○看護のお仕事で第二の人生を○

育児が終わって夫婦二人の時間となり、結婚前に従事していた医療の現場にまた戻るという方も沢山いらっしゃいます。先ほど申し上げた通り、看護は経験をとても活かすことが出来る仕事なので、再就職する際にも病院などとても有利にことが運びます。
「もう感覚を忘れてしまったかた無理」や「私には戻れない」と考える前に、もう一度求人を見て再就職の道を考えてみてください。第二の人生に看護を選べるよう、まずは自分で自分を導いていきましょう。