看護のお仕事は体力命

仕事の種類にもよりますが医療関係の仕事はとても大変です。その職場や勤務体系によって変わりますが基本的には夜勤は当たり前のようにありますし、その間にも急患が出た際には仮眠も返上して対応しなければなりません。

今回はそんな医療の現場でも勤務体系に波がある看護のお仕事についてご紹介致します。


○看護のお仕事は体力勝負○

口コミにもよくありますが、看護のお仕事はとにかく身体を使って作業をすることがほとんどです。医師のサポートとしてカルテを持って走り回るイメージがありますが、看護のお仕事はそれだけではありません。病院には体調不良の患者さんが沢山いらっしゃいます。そういった方の誘導や医師の診察に必要なものを準備するなどとても多種多様な仕事が待ち構えています。
ただカルテを整理すれば良いという訳ではなく、臨機応変に機転をきかせて動き回らなければならないのです。


○自分よりも重い患者さんの対応もある○

入院患者の方の中には自分の体重より重い患者さんもいらっしゃいます。そのような場合でも一人で対応しなければならないこともあり、入院ベッドから診察台への移動や車椅子への移動など、自発的に出来ない患者さんの場合には全て看護士がサポートします。このように看護の仕事は知力の他に体力も必要なのです。

病院にいて笑顔で会話をしてくれる看護士の方がいると、体調が少しばかり良くなったような感覚になります。知識と体力も大切ですが、一番大事なのはその患者さんを癒す心からの笑顔なのかもしれません。