看護のお仕事は給料が高い

お仕事の種類によって年収は様々ですが、やはり医療系は仕事の内容もシビアであるためお給料も高めです。口コミでは医師の方は平均年収が1,400万円程とあって、イチ会社員の人間としてはとんでもなく高給取りのイメージを持ってしまいます。
しかし医療はその金額に比例して仕事内容もとても辛く、看護のお仕事も医師の次に大変だと言われています。今回はそんな看護のお仕事について給料の視点からお話致します。


○看護のお仕事は資格手当がとても強い○

就活をする際に強みになるのが資格です。その資格を見るだけでその人がどんな能力を内に秘めているかわかります。医師の資格は四年生の大学を卒業しなければ受験資格を得ることが出来ません。看護の資格はそれに比べれば若干緩やかですが、それでも専門学校に通学してから国家試験を受けるという流れになり、勉強時間を捻出しなければ取得することは困難です。
このような難しい資格だからこそ取得後の待遇はとても良く、お給料も高くなるという図式が生まれます。


○給料にそぐわない医療現場もある○

しかし大きな病院ではその図式が完成しても、地方の小さい病院ではその図式に崩れが生じます。お給料が高くてもその仕事の内容が辛すぎて割に合わないという状況です。小さな市町村では医師が不足しているため、一人の医師が看護のお仕事も兼ねてその町の人々全員を治療しなければならないという状況になっています。
そのような状況で治療をするとなると休みはなく、ほぼ24時間365日フル稼働で働くことになります。たとえお給料が高くてもそんな状態では割に合わないという訳です。

医療のお仕事はお給料が高いですが、その分難しくかつ責任のある仕事です。これから医療関係の仕事を目指すという方は給料の面だけ考えず、その仕事の内容を重要視しましょう。